そもそも大学正規留学とは何かをまずご説明します

大学正規留学とは、外国の大学に正式に入学してそこを卒業することです。まず大学が行う試験に合格する必要があります。これはなかなか難関なので、しっかりと勉強をしておかなければなりません。語学留学は、この留学とは異なっています。こちらは、一定の期間英語力を向上させるために、学校に入ることです。大学のこともありますが、語学学校のこともあります。このタイプの留学で最も必要になるのは、英語力です。普通の英語力ではなく、大学の授業を理解できる高度な英語力になります。大学の授業では専門的なことが教えられます。使われる言葉も難しいです。それを理解できないと、大学を卒業するのは難しいです。英語を書く力も求められます。大学のレポートや論文は全て英語で作成しなければなりません。

語学留学とは異なっていることを頭に入れる

大学正規留学は、語学留学とは異なっています。語学留学は、気軽に実行できる面があります。長い期間ではなく、10日から2週間程度の留学もあります。大学に留学する場合は、期間が長くなります。1年以上になり、長い時には4年程度になることがあります。それほど長い期間なので、費用も多くなります。現地で生活するので、自分が住む場所を確保しなければなりません。大学に入学する時は、試験を受けてそれに合格しなければなりません。このプロセスが日本人にとっては難しくなります。レベルの高い語学力がないと、試験に合格することは不可能です。スピーキングやライティングの力も必要です。語学力に自信のない方は、留学する前に専門の学校に入るのが良い方法です。そこで英語の特訓を受けます。

スピーキングとライティングの力を伸ばしておく

大学正規留学をする場合は、英語の全ての領域の力を伸ばしておく必要があります。日本人にとって、特に難しいのはリスニングとリーディングの力です。ネーティブの会話のスピードは速いので、聞き取れないことがあります。ゆっくりとした会話ではなく、スピードのある会話を聞き取れるように訓練しましょう。リーディングの力をつけるには、読書をすることが大切です。読書で語彙力を増やせば、大学に入った時に有利になります。大学正規留学をしたら、大学で勉強を続けて、最終的に卒業しなければなりません。入るも難しいですが、卒業はさらに難しくなります。有名な大学だったら、授業時間も多く、たくさんのレポートを製作しなければなりません。精神的に強くなっておく必要があります。強い意志を持って、勉強をやり遂げることが求められます。

ワーキングホリデーは、最も気軽に予算も安く海外に長期滞在が出来る留学形態です。 教師宅ホームステイは、短期集中で語学習得を目的とした方には理想的なプログラムです。 専門学校への留学はカウンセリングにてご希望をしっかりとお伺いし、お勧め学校をご案内いたします。 海外インターンシップは、幅広い企業提携と細やかなサポートにより皆様にご好評いただいております。 英語力の向上は大学正規留学で